トレンドキーワード「高濃度」

最近のトレンドで大変よく売れているキーワードは「高濃度」なのだそうだ。

高濃度とは、中身が非常に濃いということだが、それが、化粧品から健康食品、電化製品にまで及んでいるらしい。

トレンド評論家によると、家で使うものに対するアイテムにリッチ感、贅沢感を求める消費者が増えているとかで、「高濃度」とはまさに重厚でブランド感が漂う言葉のような気がする。

売れてるところ思いつくままを列記すると、

イオンが濃い
殺菌成分が濃い
アミノ酸が濃い
水素が濃い
酸素が濃い
コエンザイムQ10が濃い

確かに、健康食品や化粧品が「高濃度」というと何か物凄く効くような気がする。

お肌のアンチエイジング対策として売り出した「DHC薬用Qシリーズ」という商品は、
コエンザイムQが従来の10倍も含まれているということでわずか5カ月で販売数242万個を売り上げたそうだ。

でも、電化製品の「濃い」とはいったい何だろう。

試しに楽天サイトで電化製品を「高濃度」で検索してみたら、なんと3700件以上もあった。
濃いということははいいことなのだ

トラックバックURL

http://rakunikensaku.sakura.ne.jp/trends/17.html/trackback/

コメントはまだありません

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

TOPPAGE  TOP 

メニュー

月別アーカイブ

サイト内検索

新着記事

バナー
人間の物欲はひょっとしたら食欲性欲よりも強いかも知れません。でも、物欲買い物欲は、ポジティブに生きる力ともなります。 物欲買い物生活を生きる糧として楽しんじゃいましょう。特に、オークションははまります。♪♪♪