中国古美術オークション バブルなのです!

>>>2月23日東京中央オークションカタログ*送料無料*

ニュース報道によると、日本に沢山埋もれている中国の古美術が、中国人によって高値で取引されているそうです。

中国古美術オークションには多数の中国人たちが参加し、札束が飛び交う状況。

オークションの落札価格は上昇の一途らしい。

なにしろ、中国は現在GDPが日本を抜いて世界第二位。

金をもてあましている中国富裕層が多数存在している。
札束抱えて中国古美術オークション会場に現れると言う。

中国古美術を買い戻している図式になるが、投機目的もあるかも知れない。

オークションで買い戻し、中国国内でもっとお金持ってる富豪に売ろうという算段なのか・・・

日本と中国の文化的な交流の歴史は、はるか古代にまでさかのぼるわけで、日本国内には溢れるほどの中国古美術が埋もれているのは確かです。

日本にある中国古美術は特に信頼がおけ、良質のものが多いとか。

心当たりの方は、ここらで中国古美術をお金に替えてしまうのもいいかもしれない。

バブルは永遠には続かないのだから。
>>>中国古美術オークションを見る

トラックバックURL

http://rakunikensaku.sakura.ne.jp/news/258.html/trackback/

コメントはまだありません

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

TOPPAGE  TOP 

メニュー

月別アーカイブ

サイト内検索

新着記事

バナー
人間の物欲はひょっとしたら食欲性欲よりも強いかも知れません。でも、物欲買い物欲は、ポジティブに生きる力ともなります。 物欲買い物生活を生きる糧として楽しんじゃいましょう。特に、オークションははまります。♪♪♪